2018年7月 9日

HHKBについて(3)

表題の件、HHKBを使用して約3か月が経過している。

その間に使い方が変わりつつあるので、それを書いておこうと思う。


まず、Fnキーについて。
以前、Fnキーは右の親指で操作すると書いていたが、
今は左Fnキーを主体としている。
文章を書くときに上記方法だと右手がずれることにどうしても違和感を拭えなかったので
特定の場合を除いて左Fnキーを使うことで解消している。
例えば、CTRL+SHIFT+ENDキー同時押しでカーソル位置から下方向全て
選択してくれる方法は、CTRL、SHIFT、Fnを全て左手、ENDを右手で押して対応する。
こうすると右手はずれなくなって良い感じ。

次にキートップの色を変えた。
これは前々からやろうと思っていたのだが、色がカラフル兼システマティックに配置されていると
仕事するとき気分良いじゃない?
今回自分で染料を買って必要な箇所につき色を変えることにした。
必要な箇所というのは以下の通り。
・Esc
・TAB
・SHIFT
・Fn
・BS
・Enter
・独立FnキーにおけるF5~F8まで
ALTとか変換とかは普通の黒無刻印のままにしておく。
その結果がこれ。

Img_1412
かなり濃い青(やや紫がかっている)というのがポイント。
実はSHIFTキーやEnterキーの日本語無刻印版はPFUの公式サイトで販売されてなく、
やむを得ず文字が刻印されているものを染めることにしたのだ。
そのため、あまり淡い色にしてしまうとSHIFTやEnterの文字が見えてしまうのを防ぐため
今回の色合いにした。
うーん、カッコいい。

HHKB Professional Type-Sの良いところはタイピングが楽しくなるというのが一番の利点。
特に打鍵感の良さは他と一線を画す。
青軸のようなカチャカチャ音でなく、コトコトと静かで業務中に不快な音を出さない。
かといってリアフォの静音タイプのように押したのかどうかわからないほどの
リニアフィールというわけではなく、確かなタクタイル感がある。
持ち運びも便利なので、キートップを染めようとした今回の場合でも
簡単に会社から持って帰れるのも嬉しい。
極限までキーボードの特性を削ったため、独立Fnキーは存在しないが慣れれば問題なし。
同じくCTRLキーも普通と異なる場所に配置されているが、これも慣れれば問題なし。

HHKBの欠点として、やはり付加価値を求め始めると金額がお高くなることだろうか。
今回の色変更までのすべての投資額は
・本体+吸振マットのセット:31860円
・キーボードルーフ(バード製):4320円
・キーボード収容バッグ(バード製):3780円
・パームレスト(Filco製):5800円
・miniBのUSBケーブル(Lindy製):2783円
・カラーキートップセット:1944円
・キートップ(白無刻印*2):8856円
・キートップ(黒無刻印):4428円
・染料:1500円
・使い捨て鍋と網と箸:2000円
全部合わせて67271円。

キーボード一個に金かけすぎィ!!!!!!

2018年6月 4日

LPIC level3(LPI-300)について/今後の予定について

先々週、LPIC level3を受けてきた。

Img_1364
無論PASSした。
勉強方法は、あずき本を購入し、分からない箇所にチェック入れながら全部読み進めて
二周目に詳しく確認しながら再度読み進める。
時間に余裕があればPing-Tでコマ問を解いていく。
こんな感じで3~4週間ミッチリやって取得できた。

今後の予定としてOracle Masterに手を出そうと思う。
俺個人の興味は全くないのだが、Silverくらいまでならガリガリ勉強したり
実機触りながらやれば取れそうなので、来月一杯までに終わらせたいね。



2018年4月12日

HHKBについて(2)

前回のお話でHHKBを買ったという記事を書いたが、本体の写真を乗せ忘れていたので

一応乗せておく。

Img_1314
Fnキーと5~8キーは無刻印(黒)で統一させてる。

それと、これも前回Fnキーの話についてあれやこれや書いていたのだが、
3日使って凡その方針が定まったのでこれも追記しておく。

まず、Fnは右側のみをメインで使うことにした。
理由は前回も書いたが左側のFnそのものがイレギュラーな存在に思えたためだ。
なので、F2キーも極力右側のFnキーで対応することにしている。

また、Fnキーの押し方は親指で統一することにした。
なのでHomeやEndはFnキーを右手親指、人差し指や中指で対象のキーを押下することで
ある程度の形を作ることができる。
ただし右手ホームポジションの概念はなくなる。これはしょうがないと諦めることにした。

今日は平日だが、有休を使用して週末まで休むことにした。
前回の記事でも書いた通り、2月から3月にかけてスーパーきつい案件に携わっていた関係で
いろいろメンタル的にやられていた部分もあるのでそのリフレッシュ休暇という意味もある。
それと今週末にIPAの試験もあるし、今回忙しかったので午前1だけ通して帰る予定。


そんなこんなで私は元気です。

2018年4月 7日

HHKBについて

今年3月いっぱいまでかかる仕事がほぼ終わり、残りは残タスク処理だけとなっているが

いまだにその終わりが見えないことに絶望している。

2月/3月で合わせて残業250時間くらい発生したものの、
実際に計上したのは159時間。大人の事情だね。

とりあえず今後社会人になる人や、大学受験を控えてどんな職種になりたいか
いまいち決まってない人たちにひと言述べておきたい。

「ITエンジニアは勧めない」


そんなこんなでストレスマッハとなり燃え尽き症候群に陥った俺は、
ストレス発散のために新しいキーボードを買うことにした。
そう、HHKBである。

今回はその中で『HHKB Professional JP Type-S(日本語配列)』を買った。
英語配列を選ばなかった理由は
①それまで使ってたのが東プレの日本語配列であったため。
②英語配列でshiftからの記号位置を覚え直すのが面倒だったため。
③会社で使用する関係でPCにキーのリマップツールとか入れられないため。
④英語配列だとテンキーが存在せず、地味に苦痛を覚えそうだったため。
といった内容に基づき、日本語配列をチョイス。

一方で英語配列の良さそうな点は
①リターンキーまでに距離が比較的近い。
  とはいっても日本語配列でもエンターキーを打つためにホームポジションが
  崩れるわけないので、あまり長所じゃないかもしれん。。。
②右Fnキーがホームポジションを崩さず押せる。
  これはかなりの長所。日本語配列だとFnキー押しづらい(後述)。
③Deleteキーがデカい(日本語配列のBSキーより2倍くらいの大きさ)。
  BSキーは右上端にあるだけ日本語配列も使いやすいとは思ってる。
④極限までキーを減らしたスタイリッシュ仕様(だからどうした感もあるが)。
といったところ。

Type-Sにした理由は、職場で使用する関係でうるさくない機種が欲しかったため。
職場で青軸使ってる人とかありえねえ。

Img_1305
昨日の朝に届き、若干キーキャップを変えて職場で一日使用した感想を述べておく。
というより、今回はもっぱらファンクションキーに関するお話。
なお、DIPスイッチは一切いじっていない。

※日本語配列
0000
①[Ctrl]+[Alt]+[Del]の押下方法
 HHKBだと[Del]は[Fn]+[BS]となる。つまり4箇所を押下する必要がある。
 現在は左親指で[Alt]、左中指(or薬指)で[Ctrl]、
 右親指で[Fn]、右中指(or薬指)で[Del]を押下している。
②[F2]の押下方法
 エクセルのセル内編集とかファイル名をリネームする時とかに使う必須キー。
 HHKBには独立したファンクションキーが存在しないため、
 [Fn]キー+[数字]で何とかしないといけない。
 最初は右薬指(or小指)で[Fn]+[2]でなんとかやっていたが
 最近は左小指の付け根で[Fn]+左中指で[2]を使用している。
 これは[Fn]キーが一番左下に存在しており、なおかつ[2]が左寄りに存在するから
 できる荒業に近い。

③[F10]の押下方法
 文章を書いている途中でローマ字変換を可能にする必須キーの一つ。
 ②で書いた通り、独立ファンクションキーが無いので、[F10]も考える必要がある
 と思いきや、[Ctrl]+[T]で同等の結果を得られるのでこれを覚えるだけで終了。

④[F3]の押下方法
 「何に使うんだ」と思う人もいるかもしれないが、
 秀丸ソフトを使っている人間には文字列検索に欠かせない、絶対に必要なキー。
 これも②と同じ方法で実施しても良いのだが、いかんせんミスタッチが増えそうで嫌だ。
 なので最近は右薬指(or小指)で[Fn]+[3]を使用することが多い。
 これであれば検索の戻り([Shift]+[F3])であっても左手は普段通りの動きが使える。

⑤[Shift]+[End]の押下方法
 文字列を任意の箇所から最後まで選択するコマンド。
 選択するということはその後になんらかの追加コマンドを入れることがある(コピペとか)ため
 [Ctrl]を押下する左手は極力ホームポジションに置いておきたい。
 なので、右手親指で[Fn]、右手人差し指で[<]で打つアバンギャルドな方法を採用。
 [<]を右手中指で押す場合、右手で[Fn]が強烈に押しづらい。
 それとも左手で[Fn]+[Shift]を押した方が良いのかもしれん。

⑥[Ctrl]+[Shift]+[Home]の押下方法
 テキストファイルで任意の選択から最初まで遡って選択するキー。
 ⑤の最後の方法で慣れてしまうと、ここで詰む。
 要は左手で[Fn]、[Shift]、[Ctrl]を押下しないといけないことになり、辛い。
 つーか、左の[Fn]はDIPスイッチで吹っ飛ぶ程度の重要度で
 なおかつ英語配列であれば左の[Fn]なんて存在しないのだから
 メインはあくまで右の[Fn]だと思うんだよね。
 そして英語配列だと[Shift]の右に存在して小指で押下しながら作業をするわけだから
 今回の日本語配列から考えれば[Fn]はやっぱり親指で押すものなんじゃないかな。
 結論。
 左手で[Ctrl][Shift]、右手親指で[Fn]、右手人差し指で[K]が正しい方法な気がする。


そんなこんなで私は元気です。

2017年11月 5日

【備忘録】WindowsのMySQL(zip版)における初期セットアップについて

先週、今週にかけてデータベースエンジニアとして活動していた。
俺はネットワークエンジニアになりたくて

この業界に入ったんだが?


でも上の命令には逆らえないからね。
ノーと言えない日本人。それが俺。



今回は言葉の通り、MySQLについての話。


なんでこんな話をしてるかというと、今の現場で上から
『今後VMで用意しておくと検証が楽だから、作っといて』
と言われたからだ。


環境を用意するだけならmsi版の方が操作が楽なのだが、zip版だと
・レジストリ弄らないで済む
・前提となるファイル(.NET Frameworkとか)を気安くインストールできない環境の場合
・横浜駅前の工事はいつになったら終わるのか
こんな時に便利なので、覚えておいて損はない。
客先常駐で勝手にソフトをインストールしたりするとPCチェックで引っかかって
「何遊んどるんじゃゴラァ」
とヤクザ(偉い人)に凄まれかねないので注意しようね。いやマジで。


※実際にやって困ったところも合わせて記載しているので、参考程度に。
 MySQLのバージョンは5.7.20を対象としている。



まず服を脱ぎます。まずzip版をダウンロードします。
MySQLの公式サイトからzip版を落としてくる。
32bitとか64bitとか聞かれるので選ぶ。
自分のOSが32bitか64bitか分からくなったお茶目さんは、デスクトップ上から
[Win]+[Pause]でバージョン確認できるので、それを試してね。

※バージョンの確認

0001


※MySQL公式サイトからのダウンロード

0000

途中で「Sign Up」とか言われてもNo thanksでOK。


zipを解凍して、事前準備を実施する。
まず親フォルダ(binフォルダやdocsフォルダが入っているところ)の名前を
[mysql-5.7.20-winx64]から[mysql]に変え、mysqlフォルダをCドライブ直下に置く。
でも場所はどこでも良いよ。パス書きやすいところに置きたいだけだから。

0002


Webで情報を漁る限り、かつて[my-default.ini]ファイルがあったらしいのだが
今は入っていない。なので作成する。

#####ここから下の内容を書く#####
[client]
port=3306
[mysqld]
port=3306
# dirs
basedir="C:/mysql"
datadir="C:/mysql/data"
tmpdir = "C:/mysql/temp"
autocommit=0
# logging
log_output=TABLE,FILE
log_error_verbosity=3
log_error="C:/mysql/logs/mysqld_error.log"
general_log=1
general_log_file="C:/mysql/logs/general_query_all.log"
log-slow-admin-statements=1
log-queries-not-using-indexes=1
slow_query_log=1
long_query_time=1
slow_query_log_file="C:/mysql/logs/slow_query.log"
log_syslog=0
log_timestamps=SYSTEM
character_set_server = utf8
[mysql]
default_character_set=utf8
default-time-zone="+9:00"
#####ここまで#####

パスはバックスラッシュじゃなくてスラッシュにすること。
ポートの指定とかはデフォルト値なので書かなくても問題ない気もするが、
念のため書いている。
合わせてそれぞれの用途に使うフォルダ(data/temp/logs)を用意する。
作った[my-default.ini]ファイルは[mysql]フォルダ直下に置く。

0003



さっそくコマンドプロンプトを起動させて、以下を打ち込む。

cd C:\mysql\bin

mysqld --defaults-file="C:\mysql\my-default.ini" --standalone --console
ここで分かってくれたと思うが、パスを用意するときに
mysqlのバージョンまで書いてあると何かと不便だから②でフォルダ名を変更したということ。

さあSQL Serverが立ち上がるぞ!
と思いきやこける。

0004

この
[Fatal error: Can't open and lock privilege tables: Table 'mysql.user' doesn't exist]
というのは、テーブルの初期化をやっていないからこけたということ。
なので、一回初期化する。

mysqld --initialize

そしてこける。

0005

どうもさっきの[mysqld --defaults-file= ~]実施時に
dataフォルダ内にファイルが生成され、それが邪魔してるみたい。
0006
なので、これら生成されたファイルを一度削除し、再度

mysqld --initialize

を実施。

0007

上手くいったね。
それじゃ最初に戻って以下のコマンドを打ち込もう。

mysqld --defaults-file="C:\mysql\my-default.ini" --standalone --console
0013


なんかここで止まったんだが?
ふざけてんの?



Webで調べると、どうもWebから「http://localhost」でアクセスチェックできることを
確認したいみたい。
ちなみにこの時点でもう一つコマプロ立ち上げてSQLログインしようとしても
弾かれます。

0009

あとDockerってなんだ?
しらねーよ。

俺は!
SQLを!!
使いたいだけなんだ!!!



ムンクの如く魂の雄叫びを心に刻みながら冷静に読み解くと、
どうもこの箇所は「--disable-partition-engine-check」でスキップできるようだ。
なので[Ctrl]+[C]で抜けて、打ち直し。

mysqld --defaults-file="C:\mysql\my-default.ini" --standalone --console --disable-partition-engine-check
0010

(゚∀゚)キタコレ!!


しかしClient側はaccess denyとかで入れないので、
サーバ側でスキップグラントオプションを指定する必要がある。

mysqld --defaults-file="C:\mysql\my-default.ini" --standalone --console --disable-partition-engine-check --skip-grant-tables
そうすれば入れるので、速やかにパスワードを設定してあげよう。



さて、これでSQLが使えるようになったわけだが
これだとSQL Serverを立ち上げてSQL Clientを立ち上げる工程が
非常に面倒くさい。
なのでバッチファイルを用意して、自動でログイン直前までできるようにする。

・mysqlフォルダ内にcalls.batを用意する。

#####中身(calls.bat)######

@echo off
start "SQL Server" /min C:\mysql\bat\serv.bat
timeout /T 2
start "SQL Client" C:\mysql\bat\client.bat

#####ここまで######


・mysqlフォルダ内に[bat]フォルダを用意して、
 [serv.bat]と[client.bat]を用意する。

#####中身(serv.bat)######

@echo off
cd c:\mysql\bin
mysqld --defaults-file="C:\mysql\my-default.ini" --console --standalone --disable-partition-engine-check
pause

#####ここまで######
#####中身(client.bat)######

@echo off
cmd /k cd c:\mysql\bin

#####ここまで######


これで、calls.batを叩くだけでmysqlコマンド直前まで一発でいける。
以上、おしまい。

早くネットワークの仕事に戻りたいなあ。

2017年9月 2日

映画について

先月両親の結婚記念日だったので、パールマンのコンサートチケットをあげた。
喜んでくれたようでなによりだった。
俺の趣味の一つに映画がある。
今年だけでいくつ映画観たか覚えきれないくらい観たので、
そのうち「良かったな」と思えたものを紹介する。

①『美女と野獣
 ・エマワトソンが可愛い。
 ・そもそも原作を観たことなかったので、とても新鮮に楽しめた。
 ・周りカップルだらけで軽く浮いた。
 ・深夜明けに観に行ったので眠気半端なかった。
 ・エマワトソンが可愛い。
 ・伊藤英明カッコいい。
 ・邦画はあまり見ないのだが、想像以上に楽しめた。
 ・話が二転三転しつつも、視聴者をハラハラさせる展開は時間を忘れさせてくれる。
 ・先週観に行った。
 ・トムホランドがイケメン。
 ・これは主人公の成長物語であると考えるととても面白く観られる。
 ・大抵の映画は中弛みする時間があるのだが、この映画はまったくそれを感じなかった。
 ・ねこかわいい。
 ・伊藤淳史は別に要らない、と思っていたんだが、ストーリーを作る上では
  ベストキャスティングだったんじゃないかな。
 ・ただ癒されたい人向け。
 ・ねこかわいい。
⑤『夜は短し恋せよ乙女
 ・アニメ枠。他に『メアリと魔女の花』も観たけど、やっぱりこっちかな。
 ・後輩が可愛い。
 ・現代だとストーカー扱いされること95%。
 ・登場人物どれもこれもアクが強い。


そんなこんなで俺は今日も元気に生きている。

2017年1月21日

時計について/イヤホンについて

去年の冬ボーナスで何を買うか、貰う前から決めていたものがあった。

それは時計である。


20170121_084106_246

左から
・ロンジンのクォーツ時計(2009年購入)
・フレデリックコンスタントのハイライフ(2010年購入)
・シチズンのコンプリケーション(2011年購入)
・セイコーのメカニカル(2011年購入)

普段身に着けているのはセイコーの時計。
これの長所は自動巻き兼手巻きなので余計なメンテが発生しづらいところだ。

とはいえ5年以上使用して、そろそろ新しい時計が欲しくなったので
この機会に以前からずっと欲しかった時計を買った。

20161212_195507_279

セイコーのクレドール(ノード)である。
ノードは既に売られていないので中古市場を調べて買った。
値段は聞くな。



イヤホンが壊れた。
厳密に言えば、左右のイヤホンの音量がずれた。
右のイヤホンの音が小さくなり、聴いていると耳が痛くなるので
ここ数日はウォークマンを持ち歩いていない。

普段使っているイヤホンはUE900(2013年購入)なんだが、
いい機会なのでマイナーアップデートしたUE900sを買うことにした。
20170121_114311_514

付属のケーブルは使わず、以前紹介したケーブルを使用する。
早速装着して聴くと、「UE900と音がだいぶ違うな」と感じる。
音が中央に寄り過ぎて、かつ籠っている。
籠ってるから変なリバーブみたいのが発生している。
この辺りはエージングで少し感触が変わることを期待。
UE900と比べて良くなりそうなのは高音の伸びだな。
特に強いシンバル音が耳に刺さらなくなりそうなのが良い。


あ、そうそう忘れてた。
あけましておめでとうございます。

2016年11月13日

禁煙について/マフラーについて

いままで約8年スモーカーやってたけど、今月から禁煙した。
俺のタバコ遍歴は以下の通り。
①キャスター1mg⇒②デス⇒③ダビドフ⇒④ラークミントスプラッシュ⇒⑤セブンスター
⇒⑥アークロイヤル(ワイルドカード)⇒⑦ピースミディアム⇒⑧セブンスター
⇒⑨マイルドセブン(6mg)⇒⑩メビウス(3mg)⇒⑪ケント(1mgロング)

 ①カラオケに一緒に行った後輩の同僚に誘われて吸い始めた。
 ②③デスやダビドフは面白い煙草を吸いたかったから吸った。
     ダビドフはボヤ騒ぎを起こしてから吸わなくなった。
 ④当時は画期的なカプセル入り煙草で面白がって吸ってた。
 ⑤セブンスターは1日に3箱開けるくらい吸ってた。
   この頃は完全にチェーンスモーカー状態。
 ⑥ワイルドカードは喫煙可の店に入った時に吸っていたら店員に
   「臭いキツイから止めろ」と言われ、吸うの止めた。
   一応言っとくけど喫煙席で吸ってたからね。あの店はそれ以降一度も行ってない。
 ⑦ピースミディアムは震災で全滅するまで吸っていた。
 ⑧ピースミディアムが無くなってからセブンスターを吸っていた。
   この頃は1日に3箱開けず、1箱で抑えるようになっていた。
 ⑨セブンスターの金額が上がったため、安いマイルドセブンにチェンジ。
   10mgは不味いので6mgに変更。
 ⑩名前が変更する前にメビウス3mgに変更。
   たぶんこれが一番長く吸ってた銘柄。
 ⑪この業界に入った後にケント1mgロングに変更。
   俺が最後に吸った煙草がこれ。
止めるきっかけとかは特に無いけど、
「今後煙草の金額は上がる一方だろうし、お金が勿体ないかな……」
と思ったのが大きい。

止めた直後は、仕事場でも煙草がもちろん吸えないから
立ち上がっては座る仕草を5、6回くらい繰り返して同僚から
「何の儀式やってんだアイツ」
と思われていたに違いない。
喫煙しなくなった影響として、食事の量が明らかに増えた。
今までは
・朝なし
・昼ちょっと食べる
・夜ちょっと食べる
がデフォルトだったけど、今は
・朝なし
・昼ガッツリ食べる
・夜ガッツリ食べる。
・夜ガッツリ食べる。
こんな感じ。
夜が2つある?
それは夕飯と夜食だよ。デブ一直線だね。やったね!!!!!


最近のお話。
JuniperのSRXシリーズでは様々な設定が可能だが、今のところ
①対向環境からのIMPORT設定
②対向環境からのネットワーク変更(NAT)
③セキュリティポリシー
このあたりがメインだと思っている。
(routingやaddress-bookとかは省略)
これは適用される順番がちゃんと決まっている。
例えば、セキュリティポリシーでアドレス指定をする場合、
対向環境からみたアドレスではなく、NATした後のアドレスを指定しないといけない。
これをミスるとセキュリティポリシーが上手く適用されないので注意だね。



今年も冬がやってきてしまったので、マフラーを購入した。
前回はGUCCIのマフラーだった。今年は……

20161112_135012_520
フェラガモ。
所有してる中で一色のマフラーが比較的多かったので、
今回は青と赤の2色物を選んだ。
カメラだと青がかなり明るく見えるけど、実際はもっと落ち着いた色である。



今日は10ヶ月ぶりに友人に会った。
この10ヶ月で俺は転職し、友人は子供が出来た。
……なんだろうこの「負けた」感。
美味しい焼肉屋でガッツリ食べて(夜だからね)
帰って今に至る。
臭いが付いちゃったからファブリーズで悪臭退散。



明日から3日連続でオモスな仕事をやらなきゃならないということで
今から気落ちしてる。

2016年9月17日

最近買ったCDについて

ここ数ヶ月で買ったCD。

20160917_001955_159
Unlucky Morpheusのアルバム2枚と、My Material Seasonが1枚。

■アンキモ「affected」について

  7曲収録。よくある3000円くらいするアルバムなら「アホか」と一蹴するが
  たしか1500円しないくらいだから値段としてはリーズナブル。
  ジャンルはメロスピ。
  よく聞いている曲は
  ・トラック2:Get Revenge On The Tyrant
  ・トラック6:落花流水
  ・トラック7:殺戮のミセリア
  全体的にギターが主張する。
  ボーカルは昔は酷い時期もあったが、今はだいぶ安定している。
  曲の出来はあまり高くない。
  トラック2はよく聞いていると書いたが、これは出オチなだけ。
  圧倒的に聞いた回数が多いのはトラック7。理由は一番メロスピっぽいから。
  満足度:60点

■アンキモ「VAMPIR」について
  6曲収録。上記と同じく安いので別に構わない。
  よく聞いている曲は
  ・トラック3:La voix du sang
  ・トラック4:Phantom Blood
  トラック3はアイルランドの小説『カーミラ』の話が元ネタ。
  転職している頃、面接前にこの曲を聞いてから臨むと落ちるということが
  2回発生したため、転職が終わるまで1回も聞かなかったというトラウマ曲。
  トラック4は先述の通りトラック3を聞かなくなったため
  代替措置としてひたすら聞いていた。
  この曲だと1社落ちた以外、全ての会社の面接にパスできたので
  非常に好意的なイメージがある。
  前作よりレベルが上がっているので結構満足している。
  満足度:75点

■My Material Season「Mind Of You Fragile In Vitriform」について
  8曲収録。ジャンルはシンフォ系メロデス。
  シンフォ系はいくつかジャンルがあるけど、これはピアノ主体のシンフォ。
  よく聞いている曲は
  ・トラック1:Wedding Of Vanity
  ・トラック3:My Material Season
  ・トラック4:Piano Of The Glass
  ・トラック6:Serenity
  ・トラック7:Lily Is Affixed To The Epitaph
  意外に日本語の歌詞があって驚いた。デスボだからよくわからないのが本音。
  トラック3はドラムテクが凄い。
  トラック4はIn FlamesでいうところのCome Clarityみたいなもの。
  トラック6はこのアルバムの中で一番好き。
  全体的な出来として、メロディラインはとても良いのにサビで盛り下がる謎仕様。
  ただ当たり曲が多かったので満足度はかなり高い。
  満足度:80点


そんな感じで今日も明日も音楽と一緒の週末を過ごす予定。

2016年8月12日

音楽周辺機器におけるいろんなケーブルの交換について

先日、イヤホンの左耳から音が出ない事態に陥った。

こういった事象は今までも何度かあり、
そのすべてがイヤホンケーブルの接触不良によるものだった。
そのため、今回も
「またケーブルがイカれたのか。買って3ヶ月でおかしくなるとかあり得ねえわ」
とぼやきながら退社後に横浜のヨドバシカメラへ直行した。

昔使用していたのは「SR3」で2年近く持った優良品であった。
俺のケーブルの使い方はかなり荒いので、2年近く持つというのは非常に素晴らしい。
音の作りとしてもとても良かったので今回もこれを買おうか少し悩みつつも、
新しいものに挑戦したいと決めてオヤイデの新ブランド「Re:cord」のケーブルを購入。
聴いてみるとSR3とは少し違う。
SR3は綺麗に鳴らすための音作りを大事にしている印象があり、
それが翻って耳に心地良い音をもたらす。
つまり過程を重要視し、かつその結果が反映されているのでとても良い音だと認識する。
一方でRe:cordのケーブルは逆だと感じた。つまり
「どんな音が理想かという結果を先に求め、それを実現させるための音作りをした」
という表現がしっくり来る。
なので単純に音としてはSR3の方が綺麗だけど、
音楽として楽しむ分にはRe:cordも十分いけるいける。
いや~良い買い物したなあ。

それが3ヶ月で壊れたのだ。そりゃねえだろ!!!
やむを得ず新しいケーブルを物色。
そういえばNOBUNAGA系のケーブルは手を出したことなかったな…。
そう思い、今回は「鬼丸」を購入。

20160812_223046_205
早速聴いてみると、なるほど
耳が痛い。
音としては別に悪くないんだけど、「Re:cord」と比べると音場がかなり狭い。
ライブ音源とかには使えそうだが、普段使用すると聴き疲れしそう。特にシンセがキツイ。
音のイメージとしては高級な宝石群をゴリゴリ耳に押し付けられてる感じ。
料理で言うとイタリア料理のオードブルがメインディッシュレベルに特盛で来ちゃった感じ。
一言で表すと「バランスが悪い」。
あとクライオ処理は信用していないので、この点については述べない。


さて、本題。
実はこの「鬼丸」で話は(若干残念な方向でありつつも)終わったと思いきや
左耳から音が聴こえない。
変わってねーじゃねえか!!!!!!
一つ分かったこととして、原因はケーブルじゃないという事実である。
じゃあ残りはポタアン「Arrow」かラインアウトケーブルか、はたまたウォークマン本体か。
帰宅してシャワーを浴びてから、ウォークマン一式と向かい合う。
Arrowだとロバートに連絡しないといけないわけで、それじゃないことを祈りながら調べる。
まずウォークマン本体から直挿し。聴こえる。
次にDACでArrowを使用。聴こえる。
別VerのArrowや他のポタアンを使用。聴こえない。
DACはパソコン経由なのでラインアウトケーブルを使用しない。
ポタアン経由はラインアウトケーブルを使用する。
つまり今回は、ラインアウトケーブルがイカれたということ。

ということで今日、再度ヨドバシカメラに突撃。
電車に乗ってる間はウォークマン直挿しである。
凄いなこれ、音が曇ってるとまでは言わないが靄はかかってるな。
いらんストレスを抱えながらヨドバシに到着し、
Bispaのラインアウトケーブルを購入して問題なく左耳から音が聴こえ安堵した。

結論。
「Re:cord」のケーブルは別に悪くなかった。ゴメンよ。
そして「鬼丸」は棚に飾っておこう。

«マイナンバー、年金基金、UE900について