« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 8日

天鳳

課金前
http://tenhou.net/0/?log=2014101002gm-0029-0000-cc6dbcb8&tw=2

課金後
http://tenhou.net/0/?log=2014110820gm-0029-0000-6bb9a1c3&tw=2

直後
http://tenhou.net/0/?log=2014110821gm-0029-0000-dc1390bf&tw=1

やっぱ天鳳ってクソだわ

2014年11月 5日

Reborn By The Seed Of Death

曲はこちらを参照。2曲目。
以下、対訳歌詞。
日本版は発売されてないので、オレが勝手に日本語訳した。

木製の蓋を引っ掻き
棺の空気を吸い込む
緩やかに開かれる眼
視界には墓下の黒
死体は呼吸する
ただ静かに這う
内部から悪魔の声が聞こえる
歯擦音を鳴らし 囁き 汝に話しかける...

墓場から起き上がれ
お前たちは死神の大鎌で祝福される
今より彼の傍で歩くのだ
痛みと苦しみを与える疫病を蔓延らせるために
彼には奴らの魂を
お前たちには奴らの血と恐怖に彩られる快楽を
大地と生物の残骸を捨て去れば
お前たちは祝福される...死の萌芽で蘇るのだ

脈動が徐々に強く速く打ちつける
地獄の鈴の如き鐘を鳴らす
あたかも静脈を焦がすかのように
深層で息づいている 冥界の胎芽が
まるで悪霊 邪霊 あるいは悪魔の卵のように
絶え間なく循環する...

墓場から起き上がれ
お前たちは死神の大鎌で祝福される
今より彼の傍で歩くのだ
痛みと苦しみを与える疫病を蔓延らせるために
彼には奴らの魂を
お前たちには奴らの血と恐怖に彩られる快楽を
大地と生物の残骸を捨て去れば
お前たちは祝福される...死の萌芽で蘇るのだ

無限に訪れる死と邪悪
進化し続けたこの遺伝を抱え
蓋は外される 世界は崩れる
見よ この夜を この復活して光り輝く夜を

純粋なる堕落に再度目覚め
不死に生まれ 際限なく罪を犯す
古代の血で洗礼を施される
お前たちは現世に送り出された悪魔の子

死の萌芽で蘇るのだ

そして彼方で影は踊り
儀式を起こすために外套を揺らす
握った大鎌を空に掲げ
喉元から言葉を紡ぐ
まるでお前たちの心を読んでいるかのように

墓場から起き上がれ
お前たちは死神の大鎌で祝福される
今より彼の傍で歩くのだ
痛みと苦しみを与える疫病を蔓延らせるために
彼には奴らの魂を
お前たちには奴らの血と恐怖に彩られる快楽を
大地と生物の残骸を捨て去れば
お前たちは祝福される...死の萌芽で蘇るのだ



15年ほど前のアルバムだけど至高。カッコよすぎる。
この頃のイェンス・ライデンは最高だった。
あんまり好き過ぎてTwitterのアカウント名に使うくらい好き。

2014年11月 3日

補強、六大学、Null Audio Studioのケーブル

西武の補強について。

台湾から郭を獲得。洒落ではない。
150オーバーの速球と良いチェンジアップを持ってるから
先発を任せてみたいところ。
と言っても、現状の先発左腕不足は否めない。

メヒアとバスケスがテスト生として来日。
メヒアはMAX157の速球を武器にクローザー候補になりそう。
バスケスは「どんな選手だろう?」と思ってBaseball-Referenceで調べてみた。

http://www.baseball-reference.com/players/v/vasques01.shtml

これを見てわかったこと。
①ランナーを出すことが多い。
②ホームランを打たれることは少ない。
③奪三振率・与四球率が共に高め。

つまり、登板すると劇場型中継ぎになるのだろう。
胃が痛くなる選手はこれ以上いらないんだけどな。

松坂、中島の獲得報道。
松坂は無理。4億は無理。
中島の3年8億もかなり厳しい。
この給料なら3割20本90打点は達成してくれないと困る。
メジャー帰りでもない選手に元所属球団だとしても払い過ぎな気がする。
せっかく熊代をショートで使おうとしてるなら無理して取るまでもない。
サードならなおさら直人や山川、脇谷あたりを使えば良い。

東京六大学野球。
明治優勝。
やっぱり明治がナンバーワン!
やっぱり明治がナンバーワン!

Null Audio Studioのケーブルを買った。
当初は「10営業日で送るよ!」と書いてあったから注文した。
しかし3週間経っても何の音沙汰もなく、挙句の果てに届いていないにもかかわらず
アンケートが送り付けられてきたので、注文はどうなっているのか英文で問うた。
すると
「遅れているのは現在の発注数が多いためだ」
「今週中に送るよ」
という内容の英文メールが来たので、再び待つこと1週間。

よ う や く 届 い た 。

Img_20141022_121013

今回買ったのはMarkⅢ
イヤホンはUE900用、ケーブルはシリコンに包まれたホワイト。
以前10Pro用で購入した時は黒のスリーブだったんだけど、
チープに感じたので今回はスルーした。
プラグはViablueのmini(3.5)。

Img_20141103_173402

音質について。
まず、クリアな音だと感じた。
例えるなら曇りガラスを布で拭いた時のスッキリ感に近いものがある。
音場はUE900のクオリティを損ねないように配慮されている。
もっとも、配慮しすぎて人工的な音とも受け取れる点がマイナス。

ケーブルそのものは少し固めなので、巻きつけた時にグチャグチャにならない。
これはWestone4を使用時に嫌な思いをしていたので、非常に好感が持てる。
音量が小さすぎるとギャングエラーが発生するのはよくあることなので許容範囲。
もっともこれはアンプに問題があると思うので、やはり評価の対象外。

総じて送料込みで14000円なら安い買い物だと思った。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »