« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日

Excel マクロ(VBA)のスピード測定

仕事上、エクセルを使う機会が非常に多い。
というかマニュアルとして残す以外はほとんどエクセルで済ましてしまう。
面倒な作業はマクロにして楽するくらいエクセルを使う。
もはや事務職に近い。エンジニア(笑)

マクロを使っていて疑問に思ったことがあった。
具体的には、Range("A1")とCells(1,1)はどちらが処理速度が速いのだろう?
あるいは、FileCopyとFSOを利用したCopyFileはどちらが処理速(略)

ネットで調べてみると親切なサイトが調べた結果からある程度推測できたものの、
それが正しいとは限らない。
なぜならパソコンの性能で速度が左右されるかもしれないからだ。

なので適当にマクロを組み立てて実験した。

<実験内容>

1.RangeとCellsについて
  (1)ランダムな値を適当なセルに打ち込む作業を10000回実施する。
  (2)上記(1)を10回繰り返して、かかった時間の平均値を求める。
  (3)RangeとCellsでどれだけ処理速度が違うのか調べる。
1.5.Application.ScreenUpdatingの有用性
  (1)Cellsの処理速度とCellsに描写OFFした時の処理速度を比べる。
  (2)処理速度の比較方法は上記1.を使用する。
2.FileCopyとCopyFileについて
  (1)適当なフォルダ内にTestX.txt(Xは任意の自然数)を1000ファイル作成する。
  (2)1000ファイルをコピーする処理を10回行ってかかった時間の平均値を求める。
  (3)FileCopyとCopyFileでどれだけ処理速度が違うのか調べる。

<結果>

Photo
……表が適当すぎる?
仕事で疲れてるから勘弁してくれ。

<考察>

1.について
・RangeよりCellsの方が若干(3.27%)速い。本当に若干レベル。
 多分体感じゃわからない。だから調べたんだけどね……
・会社のPCで試した時はどちらも平均4秒前後でやはりCellsの方が少し速かった。
 自分のPC(2011年購入)は化石だなと思った。

1.5.について
・段違いの速さだと知ってはいたが、88%も時間が短縮されるとは思わなかった。
 本番環境でこれを使わない手はない。まぁ散々使ってるんだけどね……
・会社のPCで試した時もやはり80%以上の時間短縮が確認できた。

2.について
・FileCopyよりもCopyFileの方が速い(37%)。
 正直想定外だった。
 「インスタンス作成」⇒「データ弄る」の過程を踏むFSOより
 ダイレクトにファイルを動かすFileCopyの方が速いのではないのか。
 もしそうなら、FSOの有効的な使い方はコピー⇒移動⇒削除のような
 一連の作業をする際に利用できるのではないか、と考えていた。
 ただ、今回の結果から考えると認識を変える必要があるかもしれない。
・会社のPCで試した時はFileCopyの方が速い(5%)。
 ひょっとするとPCの性能に大きく依存するのか?
 そうであるならあまり意味のない実験結果だ。


以上、終わり!
今度は変数について考えたいなあ。

2015年2月27日

ITILのピンバッジ

仕事キツイ…と思いながら帰宅すると、
郵便受けにEXINからの郵便物が届いていた。

20150227_191312_333
あーITIL受けてたなと思い、郵便物を開けると
合格証明書が入っていた。
でもこれで1500円だからね。おかしいわベンダー。

20150227_191606_540
強いて言うならピンバッジ代が1500円。
想像よりもカッコよくないなこれ。
やっぱおかしいわベンダー。

2015年2月14日

結婚式

今日の一日。

6時半頃に起床して本を読む。

13時に昼食をとりに外へ出るものの、行こうと思っていたラーメン屋がやってなかったので
しかたなくスーパーで買い物をした。

15時にシャワーを浴びて、さらに髪を少し切った。
結婚祝いの祝儀袋の作成をする。
ポケットチーフなどを用意して結婚式の準備をする。

16時半に家を出て、渋谷へ行く。
祝儀袋にボールペンで名前を書いていたので、東急で筆ペンを購入。
ボールペンの上から重ね書きする。うーんこの失礼。

17時50分に会場入り。
友人と10ほど談笑して、披露宴へ行く。

料理はそこそこ美味しかったが、しこたま酔っ払ってしまった。
酔いすぎてグラスを倒して大災害が起こりそうだった。

20時半頃にお開き。
同じ方向の友人と一緒に帰った。

帰ってから着替えてLINEで今日の写真を送る。

おしまい!!
頭痛い!!!
もう寝りゅ!!!!!!!!!!!!!

2015年2月11日

ITILの試験結果と今後の予定

今日は建国記念日で、会社が休みだった。
なのでITIL-Foundationの試験を受けに行った。

「ITILとは何か」から語ると非常に面倒になるため、Wiki先生に譲る。
仕事柄、サービスオペレーションについてはかなり理解が深いものの
サービスデザインやサービストランジションは結構苦労した。

勉強方法は以下の通り。
学習時間は約15時間くらい。1日1時間で2週間やればオーバーキルできる。

①黄色本を買って一読する。
 俺は一日約50ページをノルマとして、電車の中で読んだ。
 仕事から帰ってきて読むというのはストレスが溜まるからほとんどやらなかった。
 黄色本は章ごとに問題があるので、きちんとアウトプットできているか確認すること。

②巻末の問題を一度解く。
 合格ラインに達したかどうかの結果は気にしなくていい。
 本番で似た問題が出たときにミスしないようにすることが大事。

③わからない部分が多かった分野を読み直す。
 俺の場合はサービスデザインとサービストランジションの箇所。
 この辺りを定義を中心に読み込む。

④試験を受ける。
 免許証やクレカを忘れずに持っていく。

⑤試験に受かる。
 ???「大変に気分がいい

B9ioxj8iqaefzds

アホな俺でも簡単に取れるのだから、そんなに難しい試験ではない。
次は基本情報を取る予定。

CCNP(Route)は間に合わなかった。
ギリギリのラインで受けても落ちたら試験料金が勿体ないからスルーした。
結局改訂版の教科書待ちなので、
その間の暇な時間に基本情報を取ろうという考え。
4月にCCNPの教科書が発売されなければLPICレベル2を受ける。
LPICレベル2は2教科合わせて3~4か月はかかりそうなので、
年内にCCNPは取れないかもしれんね。
その場合は来年(2016年)に持ち越して、あとは応用情報、陸特を取る予定。
予定通りいけば、2017年はオラマス(銀まで)、ネスペ、LPICレベル3。
2018年にCCNP更新してからCCIEの勉強に1年半~2年かける。
つまり欲しい資格は山のようにあるということだ。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »