« 【備忘録】WindowsのMySQL(zip版)における初期セットアップについて | トップページ | HHKBについて(2) »

2018年4月 7日

HHKBについて

今年3月いっぱいまでかかる仕事がほぼ終わり、残りは残タスク処理だけとなっているが

いまだにその終わりが見えないことに絶望している。

2月/3月で合わせて残業250時間くらい発生したものの、
実際に計上したのは159時間。大人の事情だね。

とりあえず今後社会人になる人や、大学受験を控えてどんな職種になりたいか
いまいち決まってない人たちにひと言述べておきたい。

「ITエンジニアは勧めない」


そんなこんなでストレスマッハとなり燃え尽き症候群に陥った俺は、
ストレス発散のために新しいキーボードを買うことにした。
そう、HHKBである。

今回はその中で『HHKB Professional JP Type-S(日本語配列)』を買った。
英語配列を選ばなかった理由は
①それまで使ってたのが東プレの日本語配列であったため。
②英語配列でshiftからの記号位置を覚え直すのが面倒だったため。
③会社で使用する関係でPCにキーのリマップツールとか入れられないため。
④英語配列だとテンキーが存在せず、地味に苦痛を覚えそうだったため。
といった内容に基づき、日本語配列をチョイス。

一方で英語配列の良さそうな点は
①リターンキーまでに距離が比較的近い。
  とはいっても日本語配列でもエンターキーを打つためにホームポジションが
  崩れるわけないので、あまり長所じゃないかもしれん。。。
②右Fnキーがホームポジションを崩さず押せる。
  これはかなりの長所。日本語配列だとFnキー押しづらい(後述)。
③Deleteキーがデカい(日本語配列のBSキーより2倍くらいの大きさ)。
  BSキーは右上端にあるだけ日本語配列も使いやすいとは思ってる。
④極限までキーを減らしたスタイリッシュ仕様(だからどうした感もあるが)。
といったところ。

Type-Sにした理由は、職場で使用する関係でうるさくない機種が欲しかったため。
職場で青軸使ってる人とかありえねえ。

Img_1305
昨日の朝に届き、若干キーキャップを変えて職場で一日使用した感想を述べておく。
というより、今回はもっぱらファンクションキーに関するお話。
なお、DIPスイッチは一切いじっていない。

※日本語配列
0000
①[Ctrl]+[Alt]+[Del]の押下方法
 HHKBだと[Del]は[Fn]+[BS]となる。つまり4箇所を押下する必要がある。
 現在は左親指で[Alt]、左中指(or薬指)で[Ctrl]、
 右親指で[Fn]、右中指(or薬指)で[Del]を押下している。
②[F2]の押下方法
 エクセルのセル内編集とかファイル名をリネームする時とかに使う必須キー。
 HHKBには独立したファンクションキーが存在しないため、
 [Fn]キー+[数字]で何とかしないといけない。
 最初は右薬指(or小指)で[Fn]+[2]でなんとかやっていたが
 最近は左小指の付け根で[Fn]+左中指で[2]を使用している。
 これは[Fn]キーが一番左下に存在しており、なおかつ[2]が左寄りに存在するから
 できる荒業に近い。

③[F10]の押下方法
 文章を書いている途中でローマ字変換を可能にする必須キーの一つ。
 ②で書いた通り、独立ファンクションキーが無いので、[F10]も考える必要がある
 と思いきや、[Ctrl]+[T]で同等の結果を得られるのでこれを覚えるだけで終了。

④[F3]の押下方法
 「何に使うんだ」と思う人もいるかもしれないが、
 秀丸ソフトを使っている人間には文字列検索に欠かせない、絶対に必要なキー。
 これも②と同じ方法で実施しても良いのだが、いかんせんミスタッチが増えそうで嫌だ。
 なので最近は右薬指(or小指)で[Fn]+[3]を使用することが多い。
 これであれば検索の戻り([Shift]+[F3])であっても左手は普段通りの動きが使える。

⑤[Shift]+[End]の押下方法
 文字列を任意の箇所から最後まで選択するコマンド。
 選択するということはその後になんらかの追加コマンドを入れることがある(コピペとか)ため
 [Ctrl]を押下する左手は極力ホームポジションに置いておきたい。
 なので、右手親指で[Fn]、右手人差し指で[<]で打つアバンギャルドな方法を採用。
 [<]を右手中指で押す場合、右手で[Fn]が強烈に押しづらい。
 それとも左手で[Fn]+[Shift]を押した方が良いのかもしれん。

⑥[Ctrl]+[Shift]+[Home]の押下方法
 テキストファイルで任意の選択から最初まで遡って選択するキー。
 ⑤の最後の方法で慣れてしまうと、ここで詰む。
 要は左手で[Fn]、[Shift]、[Ctrl]を押下しないといけないことになり、辛い。
 つーか、左の[Fn]はDIPスイッチで吹っ飛ぶ程度の重要度で
 なおかつ英語配列であれば左の[Fn]なんて存在しないのだから
 メインはあくまで右の[Fn]だと思うんだよね。
 そして英語配列だと[Shift]の右に存在して小指で押下しながら作業をするわけだから
 今回の日本語配列から考えれば[Fn]はやっぱり親指で押すものなんじゃないかな。
 結論。
 左手で[Ctrl][Shift]、右手親指で[Fn]、右手人差し指で[K]が正しい方法な気がする。


そんなこんなで私は元気です。

« 【備忘録】WindowsのMySQL(zip版)における初期セットアップについて | トップページ | HHKBについて(2) »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【備忘録】WindowsのMySQL(zip版)における初期セットアップについて | トップページ | HHKBについて(2) »